ホーム

ホーム> 学校行事

2014年度特別カリキュラム 報告
2015/04/16 学校行事

2014年3月7日(土)~3月16日(月)の期間は,さまざまな行事が行われる「特別カリキュラム」の期間でした。
本校では後期期末試験後に「特別カリキュラム」として,さまざまな行事が行われる期間としております。
今年度の内容を簡単にご紹介します。

【6年生】

  • 卒業生を送る会
    卒業をする6年生に向けて,在校生がさまざまな出し物をしたり,6年生との最後の交流をする場となっています。

【高等部生】

  • 球技大会
    クラス対抗の球技大会です。今年度の競技は男子はフットサル・バスケットボール・ドッジボール,女子はバスケットボール・ドッジボールでした。学年を超えた対抗戦で,クラスでの最後の活動となります。

【5年生】

  • 能狂言鑑賞会
    横浜能楽堂で能と狂言の鑑賞をします。事前の説明会で,能・狂言の基本的な知識と,当日の演目の説明を受けます。事前説明は,当日も出演されている,観世流シテ方の中森貫太様にしていただきました。
    演目:狂言『寝音曲』 大蔵流狂言方 山本則孝(他出演),能 『隅田川』 観世流シテ方 中森貫太(他出演)
  • 論文実習オリエンテーション(I類選択者)・数理科学講演会(II類選択者)
    6年生ではI類・II類のコース分けがあります。
    それに先立ち,I類選択者に向けて論文実習(1年間をかけてテーマを定め,論文の形までまとめる実習)のさまざまな説明をうけるものです。先輩方の経験談なども聞くことができます。
    II類選択者は6年生には理系科目を多数学習することになります。その入口として,専門的な数学の話を聞く数理科学講演会が行われました。今年は,東北大学知の創出センター副センター長(慶應義塾大学名誉教授)の前田吉昭先生に,「ギリシャ時代の数学」という演題で講演をしていただきました。

【4年生】

  • 百人一首大会
    校内で百人一首大会が行います。国語の授業の一環として「百人一首」があり,第二体育館を用いて競技かるたの体験をします。
  • 科学入門講座
    理工学部の方々をお招きして,さまざまな切り口で最新の科学の話題を聞くことができます。これは,科学の教養を高める機会であるとともに,学部進学指導のひとつにもなっています。

【中等部生】

  • 福澤先生記念講演会
    高等部生には2月7日に行われましたが,中等部生向けには特別カリキュラム内で行われました。今年は,総合政策学部の水鳥寿思専任講師(2004年アテネオリンピック体操男子団体総合金メダル)に「オリンピックへの道」という演題で講演をしていだきました。
  • 合唱コンクール
    中等部では,毎年後期の長い期間をかけて,クラスごとに課題曲が与えられ合唱の練習をします。その結果を披露する場として,そしてクラスの最後の行事として合唱コンクールがあります。
    特に3年生は最後の合唱コンクールとして盛り上がります。

【以下のギャラリーは,画像をクリックまたはタップすると,より大きな画像で見ることができます】